カワムツ

コイ科
中流域
カワムツ
 ※写真の無断転用、複写を固く禁じます

流れが緩やかで、石やツルヨシ群落等の隠れ場所の多い中流域を好み、隠れ場所のない開けた浅い場所は苦手。体側には濃青色の縦帯がある。3年で全長15㎝程度に成長する。水生昆虫や落下昆虫を食べる。

特徴

○産卵期のオスには追星
○体の中央を走る1本のはば広い縦帯
○胸びれ、腹びれ、臀びれは黄色

在来種  


○食用可能 

塩焼きや煮物・天ぷら、唐揚げ、南蛮漬けなどで食べられますが、独特の臭みがあり、あまりおいしくはありません。

高知県指定希少野生動植物
上流域
中流域
下流域
汽水域

監修・写真:高橋弘明氏

参考文献:​​『山溪ハンディ図鑑 増補改訂 日本の淡水魚』『高知県レッドデータブック2018 動物編』

この「さかな図鑑」における貴重な写真は、株式会社西日本科学技術研究所(https://www.ule.co.jp/)、​株式会社相愛(https://www.soai-net.co.jp/)の高橋氏のご厚意により提供いただいています。