タカハヤ

コイ科
上流域
タカハヤ
 ※写真の無断転用、複写を固く禁じます

全長13㎝ほど。日本産のコイ科魚類では最も上流域にまで生息する種。
高知県では一般に「もつご」という地方名で呼ばれる。4~5月頃、流れの緩やかな岸近くの砂利の上にばらまくようにして産卵する。山間部では昔から食用とされてきた。煮つけにすると美味しい。 

特徴

○産卵期以外は体に明瞭な暗色の縦帯がない
○尾柄が太く、尾びれの切れ込みが浅い
○鱗が細かく、体表がぬるぬるしている

在来種 


 ○食用可能

 煮つけ、甘露煮

高知県指定希少野生動植物
上流域
中流域
下流域
汽水域

監修・写真:高橋弘明氏

参考文献:​​『山溪ハンディ図鑑 増補改訂 日本の淡水魚』『高知県レッドデータブック2018 動物編』

この「さかな図鑑」における貴重な写真は、株式会社西日本科学技術研究(https://www.ule.co.jp/)、​株式会社相愛(https://www.soai-net.co.jp/)の高橋氏のご厚意により提供いただいています。