top of page
  • 執筆者の写真niyodogawagyokyou

産卵場撤去

令和6年1月28日(日)


ボランティアの方々、漁協運営委員、理事で産卵場防鳥糸等の撤去を行いました。


多くの皆様のご協力で、今年も沢山の天然鮎が仁淀川に帰ってきてくれる事に期待します。

本年も寒い中、作業へのご協力ありがとうございました。





閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page