• niyodogawagyokyou

監視員より釣果報告(鮎)6/1

更新日:7月20日

令和4年6月1日の釣果報告

(※匹数は話を聞いた時点の数です)


●高東吾南地区(土佐市・春野町、本流下流域)

 遊漁者午前6時~午前7時まで 1名

 12~15㎝ 1時間で5匹


 

●吾北地区(旧吾北村、仁淀川支流上八川川を含む吾北地区全域河川)

 遊漁者5時~午前8時まで 113名

 近年の解禁日では素晴らしい釣果だったとの事。1日でシャクリで50匹釣った人もいたとの事。


 

●仁淀川全域

遊漁者午前8時~午後3時まで 約200~250人(上記人数も含む)


分水第四発電所付近での釣果報告 (支流 上八川川 いの町)

Tさん 「鮎27尾、アメゴ1尾 小さいがおとりに使えるものもいる」


 

神谷での釣果報告 (本流 いの町)

Kさん 「釣果5尾、ニゴイがかかり砂地に蹴り上げた。迷惑している」



 

富岡橋での釣果報告  下流端でシャビキ (支流 安居川 仁淀川町)

Iさん 「専用区で鮎はダメと知っているがアメゴがいるのでこれを狙っている」


 

久喜沈下橋での釣果報告 (本流 仁淀川町)

Hさん 「数人来ていたが藻が多くてかからんので皆帰った。釣果は小さいながら80尾」


 

森橋での釣果報告 (支流 長者川 仁淀川町)

Yさん 「藻が流れてきてオトリ鮎に掛かりカツラをつけたようになる。遊漁証を買い取ってもらいたい」釣果5尾

 

黒瀬での釣果報告  (本流 越知町)

Yさん 「急遽友人に誘われ、3人で航空便を利用して来たが釣果はさっぱり、他の二人は釣っている。明日は支流に行きたい」

 

黒瀬での釣果報告  (本流 越知町)

Oさん 「釣果は25尾、冷水病がみられる」

 

監視への腕章掲示、遊漁中お手をとめての釣果報告にご協力いただきありがとうございました!

閲覧数:571回

最新記事

すべて表示