• niyodogawagyokyou

落ち鮎漁 解禁日変更


12月1日→12月15日 へ変更します。

下記支流、筏津ダムより上流は例年通り12月1日の解禁です。



仁淀川の落ち鮎漁について、鮎養殖の不良により親鮎の放流ができないこと、昨今の異常な渇水、水温が高いことによる親鮎の産卵の遅れなどを考慮し、仁淀川漁業協同組合管理委員会に再度諮問し、答申の結果、令和3年11月9日開催の理事会において下記のとおり決定いたしましたので変更し公表いたします。

遊漁者の方々にご通知いただきますようご協力をお願いいたします。



  追加期間(落ち鮎解禁)については、12月15日午前6時30分から翌年の1月31日午後5時まで(仁淀川中越知町野老山発電用えん堤から上流の区域並びに支流坂折川、支流柳瀬川、支流上八川川及び支流勝賀瀬川の区域にあっては、12月1日午前6時30分から同月31日午後5時まで)期間を追加する。

  ただし、八田堰から下流の産卵場造成地まで産卵保護区域を設け、その区域は禁漁区とし、看板等を設置して告知する。



閲覧数:217回

最新記事

すべて表示