アシハラガニ

モクズガニ科
汽水域
アシハラガニ
 ※写真の無断転用、複写を固く禁じます

成体は甲幅35mmに達し、干潟を徘徊するカニとしては大型。河口域や塩性湿地帯のヨシ原に穴を掘って生息する。肉食性で弱った魚やスナガニ科のカニ類を捕らえて食べるほか、死んだ魚や貝等も食べる。
仁淀川河口域では右岸側のヨシ原周辺で特に多く見られる。

特徴

○体色は淡い緑がかった褐色
○腹面は乳白色
○ハサミ脚や歩脚に顆粒や剛毛はあまり発達せず平滑

在来種


食用にならない

高知県指定希少野生動植物
上流域
中流域
下流域
汽水域

監修・写真:高橋弘明氏

参考文献:​​『山溪ハンディ図鑑 増補改訂 日本の淡水魚』『高知県レッドデータブック2018 動物編』

この「さかな図鑑」における貴重な写真は、株式会社西日本科学技術研究(https://www.ule.co.jp/)、​株式会社相愛(https://www.soai-net.co.jp/)の高橋氏のご厚意により提供いただいています。