キチヌ

タイ科
汽水域
キチヌ
 ※写真の無断転用、複写を固く禁じます

全長40~60㎝。クロダイの仲間でよく似ているが、体高がより高く、体色が白っぽい。警戒心がクロダイよりも弱いため、釣り易いとされる。甲殻類、多毛類、軟体動物、海藻、小魚などを食べる雑食性。やや身が柔らかいが、冬に河口でスジアオノリを食べた個体は風味がよく、美味しいとされる。

特徴

○腹びれ、尾びれ、しりびれ下縁が黄色い
○しりびれの第2刺は長く伸びる
○吻は尖る

在来種


○食用可能

刺身、カルパッチョ、煮つけ、みそ汁、フライ、バター焼き、鍋物など

高知県指定希少野生動植物
上流域
中流域
下流域
汽水域

監修・写真:高橋弘明氏

参考文献:​​『山溪ハンディ図鑑 増補改訂 日本の淡水魚』『高知県レッドデータブック2018 動物編』

この「さかな図鑑」における貴重な写真は、株式会社西日本科学技術研究(https://www.ule.co.jp/)、​株式会社相愛(https://www.soai-net.co.jp/)の高橋氏のご厚意により提供いただいています。