ボウズハゼ

ハゼ科
中流域
ボウズハゼ
 ※写真の無断転用、複写を固く禁じます

全長8~15㎝。河川の上、中流域に生息。流れの早いところを好み、岩盤や転石の上で吸盤状の口で藻類を食べる。他のハゼ科魚類と比べて卵が非常に小さく、産卵数が著しく多い。孵化した仔魚は直ちに海に降下し、翌年の春に遡上する。
高知では「ぼうずごり」と呼ばれる。

特徴

○体は細長く円筒状
○口は下側につき、馬てい型
○頭部が丸い
○8〜11個のはんもん
○腹びれは吸盤状、楕円形で吸着力が強く、手にも吸い付く

高知県:注目種


藻類を食べるので独特の香り(くせ)があり、身も水分が多く柔らかいので食用にする場合は好みが別れる。


※当漁協では食べることを推奨するものではありませんが、他地域での食の事情や一般的な事項として食べ方を紹介するものです

高知県指定希少野生動植物
上流域
中流域
下流域
汽水域

監修・写真:高橋弘明氏

参考文献:​​『山溪ハンディ図鑑 増補改訂 日本の淡水魚』『高知県レッドデータブック2018 動物編』

この「さかな図鑑」における貴重な写真は、株式会社西日本科学技術研究所(https://www.ule.co.jp/)、​株式会社相愛(https://www.soai-net.co.jp/)の高橋氏のご厚意により提供いただいています。