スズキ

スズキ科
汽水域
スズキ
 ※写真の無断転用、複写を固く禁じます

全長50~100㎝。成長や発育に伴い生息場所を変え、仔稚魚期に汽水域を生育場として利用する。また、夏季を中心に未成魚や成魚も河川下流域にまで遡る。肉食魚で魚や甲殻類等を食べる。
仁淀川河口域では同じスズキ属のヒラスズキやタイリクスズキが釣れることもある。
タイリクスズキは養殖魚として輸入した個体が逃げ出したもので、国外外来種。

特徴

○体は細長く、体高が小さい
○下あごが突き出ている
○下あごの鱗はないか、あっても少ない
○成魚は体に黒色斑をもたない(背びれには黒色斑が残る個体もある)

在来種


○食用可能

刺身、洗い、塩焼き、ムニエル、フライ、唐揚げなど(川で採ったものは寄生虫が付いている可能性があるため火を通して食べてください)

高知県指定希少野生動植物
上流域
中流域
下流域
汽水域

監修・写真:高橋弘明氏

参考文献:​​『山溪ハンディ図鑑 増補改訂 日本の淡水魚』『高知県レッドデータブック2018 動物編』

この「さかな図鑑」における貴重な写真は、株式会社西日本科学技術研究所(https://www.ule.co.jp/)、​株式会社相愛(https://www.soai-net.co.jp/)の高橋氏のご厚意により提供いただいています。