シマヨシノボリ

ハゼ科
中流域
シマヨシノボリ
 ※写真の無断転用、複写を固く禁じます

頬にミミズ状の細長い模様があり、体や鰭にはしま模様がある。腹ビレが左右くっつき吸盤状になっている。初夏、産卵期のメスは腹が青くなる。成魚は全長6~7cm程度。動物食に偏った雑食性で主に水生昆虫などを捕食する。
高知県では小型のハゼ科魚類を総じて「ごり」という地方名で呼ぶが、本種もその一つ。

特徴

○頬に赤いミミズ状斑紋がある
○尾びれ付根の斑紋は数字の3を左右逆にしたようなかたち(一般にカイゼル髭の形と呼ばれる)

在来種


○食用可能

素揚げ、唐揚げ、佃煮など。大きくなると骨が固いので未成魚の方が食用に向いています。

高知県指定希少野生動植物
上流域
中流域
下流域
汽水域

監修・写真:高橋弘明氏

参考文献:​​『山溪ハンディ図鑑 増補改訂 日本の淡水魚』『高知県レッドデータブック2018 動物編』

この「さかな図鑑」における貴重な写真は、株式会社西日本科学技術研究所(https://www.ule.co.jp/)、​株式会社相愛(https://www.soai-net.co.jp/)の高橋氏のご厚意により提供いただいています。