ヤマトヌマエビ

ヌマエビ科
上流域
ヤマトヌマエビ
 ※写真の無断転用、複写を固く禁じます

海と川を回遊しながら生活するヌマエビの仲間では最も上流域にまで遡上する種。ヌマエビ科としては大型で、体長5cmに達するものもある。藻類を良く食べるため、水草水槽の掃除役として飼われることが多く、観賞魚店等でも見かける。

特徴

○体側にオスでは赤茶色の斑点、メスでは途切れた点線状の模様がある
○尾肢に紺色の大きな斑点がある。

在来種  


あまり食用としませんが、から揚げや煮つけにして食べることが可能。

高知県指定希少野生動植物
上流域
中流域
下流域
汽水域

監修・写真:高橋弘明氏

参考文献:​​『山溪ハンディ図鑑 増補改訂 日本の淡水魚』『高知県レッドデータブック2018 動物編』

この「さかな図鑑」における貴重な写真は、株式会社西日本科学技術研究所(https://www.ule.co.jp/)、​株式会社相愛(https://www.soai-net.co.jp/)の高橋氏のご厚意により提供いただいています。