ギンガメアジ

アジ科
汽水域
ギンガメアジ
 ※写真の無断転用、複写を固く禁じます

成魚は全長50cmに達するが、汽水域で見られる個体は20cm程度までで、通常5~10cm程度のものが多い。肉食性で小魚や甲殻類等を食べ、ルア-でよく釣れる。
高知では「えば」、「めっき」等と呼ばれる。
汽水域で見られるギンガメアジ属には本種のほか、ロウニンアジ、オニヒラアジ、カスミアジ等がある。

特徴

○体色は背が暗青緑色、体側から腹は銀白色をしている
○体の横に5本の黒っぽい縞模様
○尾びれは黄色く、後縁は上下とも黒色
○鰓ぶたの上端に小さな黒い模様

在来種


○食用可能

ただし、川で採れるのは20cmくらいまで。海で採れた大きなものは、刺身、煮つけ、みそ汁、塩焼き、バター焼き、照り焼き、フライなど

高知県指定希少野生動植物
上流域
中流域
下流域
汽水域

監修・写真:高橋弘明氏

参考文献:​​『山溪ハンディ図鑑 増補改訂 日本の淡水魚』『高知県レッドデータブック2018 動物編』

この「さかな図鑑」における貴重な写真は、株式会社西日本科学技術研究所(https://www.ule.co.jp/)、​株式会社相愛(https://www.soai-net.co.jp/)の高橋氏のご厚意により提供いただいています。